4/30(火)喫茶店のお年寄り

4/30(火)喫茶店のお年寄り


先日入った喫茶店は、
私以外、全員おじいちゃんとおばあちゃんだった。
それぞれがそれぞれの席に着いている。

どうやらみんな常連らしく、まさかここに老人の社交場があるとは!と
嬉しくなった。
話から察するに、70~85歳の方たちが集っている。

「あそこのスナックのママが死んだ」
「連鎖反応みたいに死んでいくね」
「もう結婚はこりごりだ」
「あんたんとこの長女の元旦那はイケメンだった」
「いったいあいつは何匹子どもを作ったんだい」
「売り上げのために飲む人は死ぬの」
「50代で死ぬ人もいっぱいいるしね」
「死ぬときは向こうからやってくる」

若者が集うような喫茶店ではまず
耳にしない言葉が飛び交っている。
いや、同じ言葉だとしても、何か 重みというか
裏打ちされた経験を感じる言葉として聞こえる。

なんていうか、とにかく品性のない感じが逆によかった。
ちなみに しゃべってたのは、だいたいおばあさんだった。

 

高橋

 

 

 

 

 

関連記事:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...